フロート板ガラス
一般に使われているトーメイのガラスです。フロートとは製法上の名称で平面精度に優れ透視像、反射像が得られます。
高透過ガラス フロートガラス特有の青みがかったガラスの性質が抑えられるためガラスを通しても色合いの変化が少ないガラスです。
博物館・美術館などに多く使用され、最近では海外ブランドのお店を中心に幅広く使われるようになりました。鏡として使用されると従来の鏡(ミラー)より自然の色合いで写り込み明るい雰囲気を演出できます。

写真: 右側2枚−高透過ガラス
左側−フロートガラス
型板ガラス 型板ガラスの柄と対象物との透視像
(測定条件 左:0センチ 右:50センチ)

かすみ(呼び厚さ4ミリ)
梨地(呼び厚さ2ミリ)
一般に使われている不透明なガラスです。光を透過し視線を遮る機能があります。
網入ガラス
クロスワイヤー

菱形ワイヤー
網入ガラスとは製造時に金網を入れたもので防火性、飛散防止に優れておりますが、強化ガラスや合せガラスのように割れても安全なガラスではありません。
火災の際、火炎や火の粉の侵入を防ぎ延焼をくいとめるので、法規上定められた箇所には使用が義務付けられています。
線入りガラス 網入ガラス同様に製造時に金属線を入れたもので5センチ間隔で平行に金属線が入っており、トーメイの板ガラスなどと比較して万一破損しても破片の飛散脱落が軽減されます。ただし、強化ガラスや合せガラスのように割れても安全なガラスではありません。